塩体験


日常的に料理の味付けに当たり前のように使う塩。まさかそんな塩を自分で作れるとは思わないものの、ばしゃ山リゾートに直近する「ケンムン村」に入ってすぐにある「村ぬうふうや」でそれができる。自然の海のものであるはずの「塩」を「作る」というのも意外ではありながら、当然、食塩に使うようなものが何も手を加えずにそのままテーブルに並ぶわけではない。そこに人間のさまざまな工夫がある。そしてその作り方のプロセスを、海に囲まれている奄美大島だからこそ体験することができる。「かん水」と呼ばれる塩っ濃い水をわずか10分土鍋で沸騰させながらゆっくり混ぜ、水分を完全に蒸発させたら残るのはさらさらな塩のみ!自分で作った塩を、調理に使ってみてはいかがですか?

Latest Articles 最新の記事