ショチョガマ・平瀬マンカイ

五穀豊穣を願う伝統行事

集落の水田を見下ろす場所に建てられたわらぶきの屋根の上に40~50人の男性たちが乗り、揺すり倒してその倒れた方向で農作物の吉凶を占う。南向きに倒れると豊作といわれる。
平瀬マンカイは海岸の二つの岩の上で、唄を掛け合い、手踊りを繰り返して海の神々に祈りを捧げる。早朝にショチョガマを行い、夕方に海岸で平瀬マンカイを行う。五穀豊穣に感謝し、来年の豊作を祈願するの伝統行事。国指定重要無形民族文化財。

開催日時
旧暦の8月最初の丙の日
開催場所
鹿児島県大島郡龍郷町秋名